マイホームは手放さないとダメ?住宅ローンと債務整理の関係

MENU

CLOSE

マイホームは手放さないとダメ?住宅ローンと債務整理の関係

債務整理すると住宅ローンはどうなるの?

2bc52f60fe37bd1765736dc00e9fed12_s

債務整理をするにあたって心配なのが住宅ローンです。 「債務整理をしても、 家は残したい」と思っている人は多いのではないでしょうか。任意整理(過払い金請求)、個人再生、自己破産など、債務整理の種類に合わせたケースで詳しく見て行くことにしましょう。

任意整理したケースでの住宅ローンは?

任意整理といえば債務整理の中でも一番手軽に行える方法です。 頻繁に耳にするようになった過払い金請求なども任意整理として行うことができます。 任意整理の場合は、 住宅ローンは対象とされていません。 ですから、 マイホームを持っていても維持することが可能です。

家族に借金していることを隠している人でもバレないように債務整理することができます。 債務整理して毎月の返済金額を減らすことができたとしても、 「住宅ローンと合わせると、なんだかんだで返済が厳しい」というケースもあるでしょう。 そんな時には、 住宅ローンを滞納をしないように、 住宅ローンの 債権者に 相談するようにしましょう。

この場合は銀行を相手にすることに なるで、返済期間の延長、 一時的な返済の免除行うことができます。 ただし、それは債権者の許可が下りた場合だけです。 もしも許可がおりなかった場合には、個人再生か自己破産をするしかないでしょう。

 個人再生をしたケースでの住宅ローンは?

個人再生は、 任意整理よりは手続きが複雑になっていますが、 自己破産よりもダメージが軽い 債務整理です。 個人再生は原則として住宅ローン以外の借金を減らすことができる制度です。 そのため、住宅ローンの返済を滞納していたとしても利用することができます。 その場合には「 住宅資金特別条項 」を適用することで 住宅を残すことが です。

これにより、住宅ローンの債権者の許可を得ることなく、返済期間を先延ばしすることができます。 しかし、住宅ローンの返済額が減らせるわけではないので、その点は注意しておきましょう。

個人再生がうまく適用されれば、住宅ローンを除いた借金が、今の5分の1まで少なくなることも決して珍しくありません。 この制度を積極的に利用すれば、家を残したい債務整理の中では一番有効な手段と言えるでしょう。 ただし、住宅ローンの 継続的な返済が難しければ自己破産しかありませんね。

 自己破産したケースでの住宅ローンは?

自己破産は、債務整理の中でも一番ダメージの大きい債務整理です。 一番の特徴は、借金を全て免除してしまうということ。これは、住宅ローンも例外ではありません。 ですから、自己破産をした場合はマイホームを競売にかけられてしまいます。 売られた金額を元に債権者に分配していくので、 住宅を残すことは不可能です。売却でつく値段というのは、 市場価格の5割から7割が相場となっています。

この時に欠かすことができないのは、「任意売却」という手段です。任意売却を利用すると市場価格の相場にかなり近い値段がつくことが多いです。そのため、退去猶予期間や引っ越し費用なども視野に入れてみてもらえます。自己破産をしているとはいえ、なるべく傷を浅く済ませるためには、早めの任意売却を行うようにしましょう。

債務整理は必ず弁護士と一緒に行う

9baaaabe0c9a7ac6b59480b53d0ef2b5_s

債務整理を行うときは、必ず弁護士に相談するようにしましょう。 特に住宅ローンを抱えている場合には、 家族にも迷惑をかける可能性があります。 素人が一人で悩んでいても良い結果につながることはありません。

弁護士は無料相談を行ってくれますから、 それを積極的に利用して見積もりを出してもらいましょう。せれから本格的な依頼を開始しても決して遅くはありません。借金というのは金利が想像以上に高いものですから、あっという間に膨れ上がってしまいます。 出来る限り 住宅を手放すことのないように計画的に付き合っていきましょう。

2bc52f60fe37bd1765736dc00e9fed12_s

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧